【終活】しゅうかつ?
縁起でもない!と思っていませんか?
終活とは、人生の終わりのための活動
「終活?まだ大丈夫」と思っていたら突然・・・
栄町の終活のキーワードは、『はじめの一歩を踏み出そう』です

相続と終活の相談室
(運営:行政書士 オフィスなかいえ)

栄町の終活

 

目次

終活としての各行動の効力の開始と終了

 エンディングノートは全ての項目に対して希望を書くことはできますが、あくまでも希望です。契約をしているわけでもないので、法定拘束力はなく、残されたご家族の意思によるところが大きくなります。

 「必ずこうしてくれ」というのであれば、契約を結ぶか、遺言や家族信託をするほかないでしょう。尊厳死に関しては、「尊厳死宣言公正証書」やリビングウィルがありますが、法的拘束力があるかといえば、残念ながら日本ではそのシステムが出来上がっていません。

 

 遺言は、死亡後に法律上の効力を生じさせる目的で、遺贈、相続分の指定、認知などにつき、一定の方式に従って単独に行う最終意思の表示ですが、延命治療のことや、葬儀のことについては法的拘束力はありません。

 

 家族信託契約も、遺言と同様ですが、遺言との大きな違いは、死亡後に効力を発揮するのではなく、契約時(健康な状態)から財産管理を委任することが出来ます。

 

 財産管理委任契約は、自分の体が思うように動かなくなった場合や入院・入所をした場合に備え、自分の財産管理を信頼できる者に今から任せるための契約です。任意後見契約を結んでいる場合、任意後見契約に移行した場合、基本的には終了いたします。

 

 任意後見契約は、自分が認知症や脳血管疾患等で判断能力が低下・喪失した場合に備えて、財産管理と法律行為の代理を任せる人(=後見人)をあらかじめ選んでおく契約です。この契約をしても、すぐに後見人に就任するわけではなく、将来的に能力が低下した際に家庭裁判所の手続きを経て就任してもらう仕組みです。判断能力が低下・喪失せずに亡くなった場合は、この契約は使わないことになります。

 法定後見制度とは違い、自分が選んだ信頼できる者が確実に(法定後見の場合は、後見人候補者に指名していても、その候補者が後見人になれない場合があります)後見人に就任できるメリットがあります。ただし、任意後見監督人がつきます。

 

 死後事務委任契約は、自分が亡くなった後の数々の手続き=死後事務(葬儀・納骨・永代供養等」の手続き、親族・親交のあった方々への訃報等の連絡、入院・入所先の退去手続き、社会保険手続き、各種契約の解除等)を先に依頼・任す契約になります。

 死後の財産に関することは、「遺言」に記載しますが、死後の財産以外のことについては、この「死後事務委任契約」で任せることになります。

 

 財産管理委任契約~見守り契約~任意後見契約~尊厳死宣言~死後事務委任契約(これらを生前契約という)は、任意後見契約を中心とした一連の契約です。単発の契約でも問題ありませんが、任意後見契約を考えていらっしゃるのであれば、一連の契約も考えておいてください。

栄町の人口や高齢者の人口に関する情報

 栄町の人口は20,384人です。(令和2年4月1日現在))

 高齢化率は、38.3%で、65歳以上の高齢者は7,806人いらっしゃいます。

 高齢化率38.3%というのは、千葉県の平均27.0%、全国の平均28.7%と比較すると、かなり高齢化率の高い街と言えるでしょう。

 近くにニュータウンと言われる地域がどんどん開発されているのですがに、そのニュータウン化に栄町も取り組んだのですが、印西市や成田市のニュータウン化に押されて、今に至っていると思われます。

 下の表は栄町の人口ピラミッドの2020年と2030年を比べたものです。

 2030年の65歳以上の高齢化率は46.06%という予想がありますので、何か対策が必要だと思います。46.06%という数字は、ただ単に高齢者が増えたというだけでなく、生産年齢人口が減ったということです。(-6.04%)そうすると、栄町の方に入ってくる税金が減るわけで、町に頼れなくなる可能性が増えてきます。

 そのためにも、自分達で対策をする必要が出てきます。

 

生産年齢人口とは、生産活動の中心にいる人口層のことで、15歳以上65歳未満の人口がこれに該当します。

 この層が多ければ、市の方に入る税金が多いということが言えます

栄町の2020年と2030年の人口ピラミッドの比較

 実際に将来の人口構成がどうなっているかを調べてみると、2030年には、高齢化率は7.13%上昇している予想があります。

 さらに、2020年には少なかった、80歳以上の方が、非常に多くみられます。

栄町の2020年と2030年の人口ピラミッドの比較

栄町の終活に関する お役立ち情報

 下記に示す地域包括支援センターについては、高齢者の総合的な相談にのっていただけますが、実務に関しては行っていません。ご注意ください。

 

【地域包括支援センター】

栄町地域包括支援センター:印旛郡栄町安食台1-2 栄町役場1階西側庁舎

      0476-95-1510

【行政窓口】

栄町役場:270-1592 印旛郡栄町安食台1丁目2番

     0476-95-1111(代表)

     0476-33-7704(住民課)

弊所への地図

終活対応エリア

対応エリア:(千葉県全域)千葉市,銚子市,市川市,船橋市,小室町,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市,酒々井町,栄町,神崎町,多古町,東庄町,九十九里町,芝山町,横芝光町,一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町,大多喜町,御宿町,鋸南町

行政上エリア:東葛飾地域/葛南地域/印旛地域/香取地域/海匝地域/山武地域/夷隅地域/安房地域

対応エリア:(茨城県全域)水戸市,日立市,土浦市,古川市,石岡市,結城市,龍ケ崎市,下妻市,常総市,常陸太田市,高萩市,北茨城市,笠間市取手市,牛久市,つくば市,ひたちなか市,鹿嶋市,潮来市,守谷市,常陸大宮市,那珂市,筑西市,坂東市,稲敷市,かすみがうら市,桜川市,神栖市,行方市,鉾田市,つくばみらい市,小美玉市,茨城町,大洗町,城里町,東海村,大子町,美浦村,阿見町,河内町八千代町,五霞町,境町,利根町

行政上エリア:県北,県央,県西,県南,鹿行

対応エリア:(兵庫県一部)相生市、赤穂市、たつの市、姫路市、太子町、上郡町

栄町の情報

 栄町(さかえまち)は、印旛郡に属する町です。

 町内には国の史跡に指定されている龍角寺古墳群・岩屋古墳などの古墳が良好に保存されていいます。

 千葉県北部中央に位置し、県庁所在地である千葉市から約30キロメートルの距離であり、東京都の都心から45 - 55キロメートル圏内です。成田市へ25.2%、東京都特別区部へ12.5%(いずれも平成22年国勢調査)。

 平野は関東平野に含まれ、町の西北部と南部は平坦であり水田地帯が広がり、東部の台地は下総台地で山林や畑が多くあります。利根川流域に位置し、町の北は利根川が流れ、南には印旛沼、中心部には利根川と印旛沼を結ぶ長門川、西には将監川などの川に囲まれています。

 町役場は安食台にあり、その周囲の安食地区とともに、安食駅(JR成田線)を含めた町の中心市街地となっています。