【終活】しゅうかつ?
縁起でもない!と思っていませんか?
終活とは、人生の終わりのための活動
「終活?まだ大丈夫」と思っていたら突然・・・
船橋市の終活のキーワードは、『はじめの一歩を踏み出そう』です

相続と終活の相談室
(運営:行政書士 オフィスなかいえ)

船橋市の終活

 

終活としての各行動の効力の開始と終了

終活としての各活動の効力開始と効力終了

 エンディングノートは全ての項目に対して希望を書くことはできますが、あくまでも希望です。契約をしているわけでもないので、法定拘束力はなく、残されたご家族の意思によるところが大きくなります。

 「必ずこうしてくれ」というのであれば、契約を結ぶか、遺言や家族信託をするほかないでしょう。尊厳死に関しては、「尊厳死宣言公正証書」やリビングウィルがありますが、法的拘束力があるかといえば、残念ながら日本ではそのシステムが出来上がっていません。

 

 遺言は、死亡後に法律上の効力を生じさせる目的で、遺贈、相続分の指定、認知などにつき、一定の方式に従って単独に行う最終意思の表示ですが、延命治療のことや、葬儀のことについては法的拘束力はありません。

 

 家族信託契約も、遺言と同様ですが、遺言との大きな違いは、死亡後に効力を発揮するのではなく、契約時(健康な状態)から財産管理を委任することが出来ます。

 

 財産管理委任契約は、自分の体が思うように動かなくなった場合や入院・入所をした場合に備え、自分の財産管理を信頼できる者に今から任せるための契約です。任意後見契約を結んでいる場合、任意後見契約に移行した場合、基本的には終了いたします。

 

 任意後見契約は、自分が認知症や脳血管疾患等で判断能力が低下・喪失した場合に備えて、財産管理と法律行為の代理を任せる人(=後見人)をあらかじめ選んでおく契約です。この契約をしても、すぐに後見人に就任するわけではなく、将来的に能力が低下した際に家庭裁判所の手続きを経て就任してもらう仕組みです。判断能力が低下・喪失せずに亡くなった場合は、この契約は使わないことになります。

 法定後見制度とは違い、自分が選んだ信頼できる者が確実に(法定後見の場合は、後見人候補者に指名していても、その候補者が後見人になれない場合があります)後見人に就任できるメリットがあります。ただし、任意後見監督人がつきます。

 

 死後事務委任契約は、自分が亡くなった後の数々の手続き=死後事務(葬儀・納骨・永代供養等」の手続き、親族・親交のあった方々への訃報等の連絡、入院・入所先の退去手続き、社会保険手続き、各種契約の解除等)を先に依頼・任す契約になります。

 死後の財産に関することは、「遺言」に記載しますが、死後の財産以外のことについては、この「死後事務委任契約」で任せることになります。

 

 財産管理委任契約~見守り契約~任意後見契約~尊厳死宣言~死後事務委任契約(これらを生前契約という)は、任意後見契約を中心とした一連の契約です。単発の契約でも問題ありませんが、任意後見契約を考えていらっしゃるのであれば、一連の契約も考えておいてください。

超高齢化がもたらす新たな課題

 ●わが国の人口構成

 総人口に対し、65歳以上の高齢者人口が占める割合を高齢化率といいますが、

・7%を超えた社会を「高齢化社会」

・14%を超えた社会を「高齢社会」

・21%を超えた社会を「超高齢社会」

と言います。日本はすでに高齢化率27.7%に達しています。(2017年の調査)

 

 「超高齢社会」というと、その言葉から高齢者の総数が増えているように錯覚しますが、65歳以上の高齢者人口に大きな変化は見られません。

 つまり、日本の超高齢社会の問題は、寿命が延びたからというわけではなく、一組の夫婦が産む子供の数が2人以下になって、人口が減ってきていることが原因なのです。

 街によって高齢化率が発表されていますが、若い人が入ってくれば低くなりますが、それにより労働人口が増えるのです。労働人口が増えると税金が地方自治体に入ってきます。日本全体を見たら、本来の解決ではないのですが、地方自治体としたら税金が入ってくるので、地方自治体はそこを目指しています。

 市区町村対抗『労働人口の奪い合い』で、労働人口が多ければ市区町村に入ってくる税金が増えるので、そのために街を開発(ニュータウン計画等)したりしているのです。

船橋市の人口や高齢者の人口に関する情報

 船橋市の人口は643,971人です。(令和2年4月1日現在))

 高齢化率は、23.9%で、65歳以上の高齢者は154,125人いらっしゃいます。

 高齢化率23.9%というのは、千葉県の平均27.0%、全国の平均28.7%と比較すると、いたって若い街と言えるでしょう。

 千葉県の大都市というのは、概ね高齢化率が低いです。特に船橋市は、住宅の大規模開発の影響で、人口が増え続けています。

 だだ、人口が増えるにしたがって、高齢者の数も増え、154,125人という、一つの市町村くらいの高齢者がいらっしゃるのも事実です。

 船橋市の人口ピラミッドを2020年と2040年で比べてみると、この20年で高齢化率は5.76%上昇し、生産年齢人口は-4.64%と減っています。

 生産年齢人口が減るのは市に入る税金が減るということなので、今後は市に頼ることなく終活を行うべきではないでしょうか。

 

船橋市の終活に関する お役立ち情報

 下記に示す地域包括支援センターについては、高齢者の総合的な相談にのっていただけますが、実務に関しては行っていません。ご注意ください。

 

 終活に関する行政の窓口は、各市町村が地域包括支援センターに委託しています。もともとは役所の組織の中にありました。

 地域包括支援センターは、医療や福祉など、地域内にあるさまざまな社会資源を活用し、制度の枠を超えて高齢者に適切なサービスを案内する役割を担っています。高齢者の生活上の困りごとに対して、総合的に相談に乗ってくれる場所であると言えるでしょう。

 在宅介護の悩みに対しても、さまざまな視点から一緒に解決策を考えてくれます。特に、初めて家族の介護に直面した人は、わからないことや悩み事が多くなりがちです。地域包括支援センターを介護の相談窓口として活用すれば、在宅介護生活をスムーズに進めることができるでしょう。

【地域包括支援センター】

船橋市中部地域包括支援センター:船橋市北本町1-16-55 保健福祉センター内1階

      047-423-2551

船橋市新高根・芝山、高根台地域包括支援センター:船橋市芝山1-39-7 フォンテーヌ芝山104

      047-404-7061

船橋市東部地域包括支援センター:船橋市薬円台5-31-1 社会福祉会館内3階

      047-490-4171

船橋市前原地域包括支援センター:船橋市前原西2-29-10 青空ビル1階

      047-403-3201

船橋市三山・田喜野井地域包括支援センター:船橋市三山6-41-24 田屋ビル103

      047-403-5155

船橋市習志野台地域包括支援センター:船橋市習志野台2-71-10

      047-462-0002

船橋市西部地域包括支援センター:船橋市本郷町457-1 西部消防保健センター内4階

      047-302-2628

船橋市塚田地域包括支援センター:船橋市前貝塚町565-11 塚田プラザ304

      047-404-7221

 

 

【行政窓口】

船橋市役所:273-8501 船橋市湊町2丁目10番25号

      047-436-2111

      047-436-2270(戸籍住民課コールセンター)

 二宮出張所:274-0074 船橋市滝台1丁目1番20号

      047-464-1811

 芝山出張所:274-0816 船橋市芝山3丁目10番8号

      047-463-2561

 高根台出張所:274-0065 船橋市高根台1丁目2番5号

      047-465-4331

 習志野台出張所:274-0063 船橋市習志野台2丁目45番18号

      047-466-2811

 豊富出張所:274-0053 船橋市豊富町4番地

      047-457-2003

 二和出張所:274-0805 船橋市二和東5丁目26番1号

      047-447-4507

 西船橋出張所:273-0031 船橋市西船4丁目17番3号

      047-433-4321

 船橋駅前総合窓口センター:273-0005 船橋市本町1丁目3番1号(フェイス5階)

      047-423-3411

      047-423-7089(戸籍届出担当)

      047-423-7042(住民移動担当)

 法典連絡所:273-0047 船橋市藤原7-33-7(法典公民館内)

      047-438-6262

 三山連絡所:274-0072 船橋市三山8-19-1(三山市民センター)

      047-475-8300

 小室連絡所:270-1471 船橋市小室町3308

      047-457-5146

 津田沼連絡所:274-0825 船橋市前原西2-21-21(東部公民館内)

      047-471-1151

船橋市の情報

 船橋市(ふなばしし)は、中核市に指定されており、人口は約64.1万人で、政令指定都市を除くと最も人口が多い都市です。中核市最大の人口を持つ都市であり、その人口は鳥取県の総人口を上回ります。千葉県内では千葉市に次いで第2位の人口規模です。

 葛南地域にあり、県都「千葉」に対し商都「船橋」との形容もあり、商業が盛んです。市の中心部は船橋駅周辺ですが、臨海部にはららぽーとやIKEAなどの旗艦店(1号店)をはじめ商業施設が多数立地し繁華街として賑わっています。

 船橋は鉄道網が発達しており、10路線、37駅が市内にあります。千葉県内各方面の成田国際空港(総武本線、京成本線、北総線)、東京ディズニーリゾート(京葉線、武蔵野線)、東葛地域(武蔵野線、東武野田線、新京成線)、千葉都心(総武本線)、蘇我副都心(京葉線)、幕張新都心(京葉線、武蔵野線)などと東京都心方面(総武本線、京葉線、武蔵野線、京成本線、東京メトロ東西線)との交通の要所となっています。

 戦前から住宅地開発が行われており、高度成長期には、多くの農地や森が大規模な団地などへと転用されました。人口の急激な増加により鉄道の混雑が激しくなり、国鉄は通勤五方面作戦にて総武本線の複々線化を行いました。船橋の中心市街地は旧宿場町の本町通りと船橋駅から南に延びる駅前通りを中心として古くから繁華街として賑わっていました。JR船橋駅前には西武百貨店、東武百貨店などの大型店も進出し、中山競馬場(中央競馬)、船橋競馬場(地方競馬)、サテライト船橋・オートレースふなばし があり娯楽施設も充実しています。かつては遊廓などの花町や船橋若松劇場、高度成長期には湾岸部に船橋ヘルスセンター、船橋サーキット、船橋飛行場などのレジャー施設、90年代には屋内スキー場のららぽーとスキードームSSAWSが営業していましたが、再開発によりららぽーとやイケアなどの商業施設や高層マンション群に変貌しています。1990年代以降、湾岸部や内陸部に大規模なショッピングセンターが相次いで開業したため、商業施設は市内各地に分散化の傾向にあります。

 近年では湾岸部の京葉線沿線では工場や倉庫の跡地に集合住宅が建てられ、内陸部の東武野田線沿線、東葉高速線沿線では、新興住宅地の開発が行われています。東京都心や成田国際空港・東京国際空港 へのアクセスの良さや、商業施設の充実、整備された公共施設、自然豊富な住環境が整っています。買って住みたい街においても、首都圏第1位を記録するなど定住を目的としたファミリー層を中心に支持を受けています。

 市の紋章は、船橋市の舟の字を図案化したもので、市の発展を象徴しています。 昭和12年3月、市制施行に先立って、市紋章を募集し、入選作品を採用したもので、昭和12年8月6日に市議会で議決されました。