【家族信託】
【資産凍結】にならないように【家族信託専門士】にご相談を
あなたが認知症になってしまったら、
あなたの財産は【凍結】されるでしょう
相続と終活の相談室 オフィスなかいえ では
家族信託専門士である専門家が家族信託の相談を承っています
依頼人の状況や家族構成に合わせて最適なアドバイスをさせていただきます
家族信託に興味を持ちましたらお問い合わせください
相談無料です

家族信託の簡単な説明です。まずはイメージでとらえてください。

家族信託とは

家族信託とは

 家族信託とは、高齢者や障害者のための柔軟な財産管理と円満・円滑な資産承継の両方を実現できる最先端の財産管理の仕組みです。

 家族信託は、家族による家族のための信託です。

 

 家族信託での登場人物は、委託者、受託者、受益者の三人です。

 委託者=財産の所有者でその財産を託す人

 受託者=財産を託され、管理・運用・処分する人

 受託者=財産の運用・処分で利益を得る権利(受益権)を有する人

 

 家族信託では、基本、この図のように委託者=受益者となります。

 受益者を別の人にすることもできますが、そうすると贈与税が発生します。

 つまり、家族信託では所有者は変わらず、贈与税や取得税はないということです。

家族信託の仕組み

家族信託の仕組み(再)

先ほどの図はわかりづらいので、単純にしました。

家族信託は、委託者=受託者と考えてください。(そうでない場合もありますが)

委託者の父が受託者の息子と信託契約を締結し、受託者の息子は受益者の父が必要な時に財産を渡す、というものです。

認知症対策

認知症対策の家族信託

 

一般の場合というのは、何もしなかった場合のことです。

この「ケース1」が圧倒的に多く、家族信託の7,8割はこのケースです。

何もしなければ「資産凍結」になって、財産があっても何もできません。

親が認知症になる前に家族信託契約を締結していれば、例え親が認知症になったとしても、子が親に代わって財産を動かすことができます。

共有不動産のトラブル回避のための家族信託

 

次に多いのが「共有不動産のトラブル回避のための家族信託」です。

共有の不動産を持っていて、その共有者の何れかの人が認知症等になったら、もうそれで建替えや売却はできなくなります。

高齢者の方が不動産をお持ちであれば、共有でなくても信託を締結することをお勧めいたします。

 

次のようなケースがよくあります。

自宅の所有者が、お父さん、お母さん、そして長男もしくは長女。

この場合、お父さん、お母さんのどちらか一方がもしくは双方が認知症になったら、残された家族がその不動産を売ろうとしても売れずに、病院の費用や施設の費用を自ら工面しなければなりません。

いよいよ工面できなければ、認知症になった人に成年後見人をつけざるを得なくなってしまいます。

この場合の成年後見人は、たった一度の不動産売却のためにつけるのです。むなしいですよね。

 

一般に共有不動産というのは危険をはらんでいます。

ニュースでこの土地が誰のものかわからないといったことを聞いたことがあると思います。それは、土地の相続をせずにほっていると、共有者が多くなりすぎてわからなくなっていることをいます。今の法律では共有者全員の同意がないと動かすことができないのです。

承継対策

承継対策の家族信託

 

家督相続というのは、旧旧民法で戸主の地位とその財産を単独で相続すること、及びその制度で、通常戸主の長男がこれを相続していたのですが、昭和22年の民法改正でこの制度は廃止されています。

ですが、農地を持っている家だとか個人事業主ではそのような考え方で家督を相続をしているところがあります。

 

例え長男と次男が1/2づづで分けたとしても、長男が1/2の3/4が妻側の一族に引き継がれてしまいます。財産内容によっては、共有が発生したりして、妻側の一族が絡んできて複雑なことになることが予想されます。

それを防ぐ意味で家族信託を組む例です。

不動産オーナーの資産管理

賃貸物件対策の家族信託

 

賃貸物件をお持ちの方で、すべてお父さんがやっていて、家族は何も知らないというケース、意外と多いと聞きます。

その場合に、お父さんの判断能力がなくなった場合、修繕とか契約とかが出来なくなってしまいます。

賃貸物件をお持ちの場合、家族信託が必要です。

障害を抱えた子を持つ親(親なきあと)問題での家族信託

 

これから多くなってくるのではないかといわれているのが、この「ケース6」と「ケース7」です。

両親が認知症になった場合、または亡くなった場合、お子様には成年後見人が就くと思われます。

しかし、成年後見人が就いても、子供が今まで通りの生活ができるのかという問題があります。

成年後見人の下では柔軟な財産管理はできません。

そこで、受託者を甥姪とし、最終的に財産が甥姪にいくようにすることで受託者を引き受けてもらうのです。

この場合の問題は、やはり受託者を誰にするかです。身内にそのような人物がいない場合は、「親の会」等の法人に受託者を引き受けてもらうことを考えてみることも一つの方法です。

子がいない夫婦の家族信託

 

子がいない夫婦は自分達の財産をどうするのでしょう。

とりあえず、それぞれが遺言書を書くと思うのですが、それだけでは不十分です。自分が亡くなったら相手側にでは、最初に亡くなったほうの一族にはほとんど財産はいきません。

その後のことが必要です。

しかし、遺言では2次相続、3次相続は書けません。一代限りです。

家族信託が持つ受益者連続という機能を使うと、次の世代、さらにその次の世代へと財産の引継ぎ先を連続して指定することができるのです。

家族信託のタイミング

家族信託のタイミング

 

これまで見てきたように、認知症等になってしまったら何もできません。

本当であれば何も問題を感じない状態のときに対策をとってほしいのですが、せめてMCI状態になった時に唯一最後のタイミングですので、その時に行動を起こしていただきたいと思います。

しかし、意志判断能力は認知症だけが原因ではありません。脳血管疾患もそうですので、お気を付けください。

家族信託のタイミング2

家族信託のタイミング2

 認知症になる前に、といわれてもいつ認知症になるかわかりませんし、そういう気配があったとしても、症状が一気に進行してしまうかもしれません。

 健康でない期間という資料があります。

 平均寿命から健康寿命を引いた差を言うのですが、それによると男性も女性も70歳を超えたら健康でない期間に入ってしまいます。

 70歳になる前に家族信託を始めたほうがいいのではないでしょうか。

資産凍結は認知症だけではない

【家族信託の資料1】

資産凍結は認知症だけではない

 

 資産凍結になってしまうのは、認知症だけではありません。脳血管疾患も大きな原因となります。

 平成28年度時点で、65歳以上の男性の方で、介護(要介護、要支援)が必要となった原因は、認知症15%、脳血管疾患23%=38%ということです。

認知症患者の保有する金融資産額

【家族信託の資料2】

認知症患者の保有する金融資産額

 

 何故、最近になってこれほど家族信託が取り上げられてきているのでしょう。もちろん、家族信託は2007年の信託法の改正から始まったようなものですから、まだ始まったばかりであることもありますが、認知症患者の保有する金融資産の多さも大きく左右しています。

 認知症発症により”塩漬け”とされる高齢者の金融資産額は年々上昇しており、2030年度時点で215兆円に達するとの試算が、2018年に第一生命経済研究所より発表されています。

 ということは、日本中のあちこちで資産凍結で困っている方が増えているということで、その資産凍結に一番対応しやすいのが家族信託だということではないでしょうか。

「足りない」のに「何もしてない」

【家族信託の資料3】

「足りない」のに「何もしてない」

 

 内閣府の調査によれば、日本の高齢者は半数以上が現在の貯蓄や資産について、「老後の備えとしてはやや足りない」「まったく足りない」と考えている一方、具体的に老後のためにしていることを訊ねると、「特に何もしていない」との回答が42.7%と突出しており、家族信託を含めた終活は、日本ではまだ定着していない新しい文化であるため、改めて家族・友人とゆっくりと相談することには抵抗を感じるのかもしれません。

 ですから、この抵抗を取り除かないと大変なことになる(認知症患者の塩漬け資産)ということを理解していただきたいのです。

家族信託の検討から成立まで

ok

家族信託専門士はどういう人なの

 茨城県全般に対応している 相続と終活の相談室 オフィスなかいえ では、家族信託は家族信託専門士が携わっています。読んで字のごとく、家族信託の専門家です。

 家族信託専門士はなんでもかんでも家族信託にするのではなく、数ある選択肢の一つとして選びます。ですので、家族信託に取り組んでいる家族信託専門士はお客様が望んでいても、他の選択肢のほうがいいと思ったら、家族信託をお勧めいたしません。

相続と終活の相談室 オフィスなかいえ

行政書士 オフィスなかいえ

行政書士

家族信託専門士(家族信託普及協会認定)

生前整理診断士

終活トータルガイド(心託コンシェルジュ認定)

    認定番号 00007943

なかいえ   よしひろ

中家 好洋

家族信託対応エリア

家族信託対応エリア:(茨城県全域)水戸市,日立市,土浦市,古川市,石岡市,結城市,龍ケ崎市,下妻市,常総市,常陸太田市,高萩市,北茨城市,笠間市,取手市,牛久市,つくば市,ひたちなか市,鹿嶋市,潮来市,守谷市,常陸大宮市,那珂市,筑西市,坂東市,稲敷市,かすみがうら市,桜川市,神栖市,行方市,鉾田市,つくばみらい市,小美玉市,茨城町,大洗町,城里町,東海村,大子町,美浦村,阿見町,河内町,八千代町,五霞町,境町,利根町

家族信託のことならお気軽に問い合わせください

下記、家族信託に☑を入れてください

ここには家族信託専門士がいます

問い合わせる人

ここには 家族信託専門士 がいます

 家族信託専門士のいる 相続と終活の相談室政書士 オフィスなかいえ では、認知症対策や障がいを抱えたお子様を持つお客様にとって役立つ家族信託の契約を行っています。

 家族信託は、複雑な書類作成が必要になるため、専門家への依頼でスムーズに済ませることをおすすめしております。信頼できるご家族に財産の管理を任せることで、相続についての心配事を減らすことができます。

 相続と終活の相談室 オフィスなかいえ では、家族信託についての相談を無料で実施し、報酬額やサポート内容、事務所の方針もきちんとご説明しているため、しっかりと検討を重ねた上でサポートの利用を判断していただくことができます。

 基本の営業は平日及び土曜日ですが、事前のご連絡で日祝日にも対応しておりますので、ご都合の良い日時で行政書士に相談したいとお考えでしたら、一度お問い合わせください。

 茨城県だからと言って出張費は取りません。

広告

駅に掲げられた看板です

家族信託という言葉を知ってほしくて看板を製作しました

家族信託と言ってっも、まだまだ一般にはしれてはいません。

まずは、家族信託という言葉を皆様の頭の片隅に入れてほしくて、作成しました。

どこかで、「家族信託」という言葉を聞いたときに、この看板で見たことを思い出していただければ幸いです。

本で説明する人

お気軽に家族信託のことをお問い合わせください。