【相談無料】
相続の基本
生命保険の非課税枠
『相続と終活の相談室 オフィスなかいえ』
(運営:行政書士 オフィスなかいえ)
どんな手続きをすればよいのかわからない
誰にサポートを依頼すればよいのかわからない
手続きに何が必要かわからない
相続の手続きは、一生で何度も経験するものではありません。ほとんどの人は何をすればよいのかわかりません。
私たちは、お客様のそうした気持ちを受け止めサポートいたします。

相続の基本

生命保険の非課税枠

 

生命保険は相続と関係があるの?

【質問】

生命保険は相続と関係があるのでしょうか?

【回答ポイント】

 生命保険の受取人を誰にするかは加入の目的によって異なりますが、契約者・被保険者・受取人の関係によって保険金の課税の取扱いも変わってきます。

【解説】

◆受取人によって変わる課税の取扱い

 受取人が誰であるかで課税の取扱いが変わります。

 

  契約者 被保険者 受取人 課税
夫(被相続人) 夫(被相続人) 妻又は子 相続税
夫(被相続人) 所得税(一時所得)
夫(被相続人) 贈与税

 

 ①の場合、生命保険の非課税枠があります。

 

生命保険の非課税枠=500万円×法定相続人の数

 

 この枠内であれば、相続財産に加えられません。

 ※ただし、保険料負担者≠被保険者で、死亡保険受取人が相続人だった場合であって、保険負担者≠亡くなった方の場合は非課税枠は使えません。

 例をあげると、夫婦2人が保険に入っていて互いに相手の受取人なっていた場合で、旦那さんが奥さんの保険料を払っていて、その奥さんが亡くなった場合、非課税枠は使えません。これは旦那さんの一時所得になります。また、保険受取人が別の方であれば、旦那さんからその方への贈与になります。

 

相続 目次