【エンディングノート】
プレゼント
終活はエンディングノートから始めましょう
下記電話に連絡ください
0120-47-3307

新型コロナウィルス感染症に関する弊所の対応

みなさま

はじめに、新型コロナウィルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さま、また不安で辛い日々をすごされていらっしゃる全ての皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 

感染が収まらないなか、新型コロナウィルス感染予防及び拡散防止のために、弊所では皆さまが安心して来所して頂けるよう、下記の感染予防対策を行っております。

 

・飛沫防止対策として、飛沫防止パーテンションを2台設置しています。

・入り口に自動手指消毒用アルコール消毒噴霧器を置いています。

・マスクだけでは不安のある方用に、フェイスマスクを準備しており、そのまま持ち帰っていただいています。

・マスクは充足されていますが、より安全性の高いN95マスクを準備していますので、お声掛けください。

・空気清浄機を1台を設置し、飛沫対策をしています。また、加湿器3台(次亜塩素酸水で加湿し部屋の壁、床、テーブル、椅子、ドアノブ等に噴霧しています)を設置し、部屋の消毒を行っています。

・お客様との書類のやり取りは、ポリエチレン使い捨て手袋で行っています。

・入り口は常に大きくドアを開いております。

・お客様が来所の時は、窓を少しだけ開けさせていただいています。

・弊所は飲食店ではないので、安全のため飲み物は、ペットボトルで提供しています。

(2020/10/28)

  • エンディングノート

    エンディングノートをプレゼント

    期限 無くなり次第終了
    条件

    ①弊所に連絡(メール・電話)頂いくこと。
    ②弊所の「個人情報」および「機密情報」の取り扱いに納得いただいたお客様。

    エンディングノート

「個人情報」および「機密情報」の取り扱いに関する差入書

 当事務所では、お客様から頂戴した個人情報ならびに機密情報に関し、下の通り慎重かつ厳格に取り扱う事をお約束します。

1.お客様からいただいた個人情報ならびに機密情報に関しては、お客様からのご相談内容に対して適切なご提案を行うこと、そしてお客様からご依頼をいただいた業務を遂行すること、お客様への情報提供以外の目的には一切使用致しません。

1.お客様からいただいた個人情報ならびに機密情報に関しては、お客様からあらかじめご了解をいただいた者以外の第三者には一切開示しません。

1.お客様からいただいた個人情報ならびに機密情報を利用して業務を遂行する際、お客様からあらかじめご了解をいただいた者以外への再委託は行いません。

1.お客様からいただいた個人情報ならびに機密情報に関しては、お客様とのお約束に基づく期間、当事務所にて厳重に保管します。

1.お客様からいただいた個人情報ならびに機密情報に関しては、当事務所にて定めた期限をもって一切を廃棄します。

しかし、当事務所にて作成をした契約書、申請書類などで、当事務所において保管し続けることにお客様のご同意をいただいたものは除きます。

終活としてのエンディングノート

 終活としての行為はいくつかあります。

①エンディングノート (詳しくはこちら

②遺言 (詳しくはこちら

③家族信託 (詳しくはこちら

④死後事務委任 (詳しくはこちら

⑤任意後見契約 (詳しくはこちら

⑥見守り契約 (詳しくはこちら

⑦生前整理 (詳しくはこちら

エンディングノートは終活のひとつです。

それぞれをきちんと理解しましょう。

エンディングノート

エンディングノートとは

エンディングノートとは

 エンディングノートとは、いずれ訪れる死に備えて、自分の様々な情報や、亡くなったあとの希望を書き記し、残された方が困らないようにするノートで、ご自身に万が一のことが起こり亡くなってしまった場合や、重い病気にかかり意思疎通が困難になった時の希望する対処法を記載しておくノートのことです。

 

 家族であってもその人のことをどれだけ知っているでしょう。

 話し合っていなければ、どういう葬儀でやりたかったか等もわかりません。葬儀は忙しく、わからないから、何もなければ残された方の判断で行います。

 希望があればそれを残された方に伝えておけば、残された方が困らないようにするのです。

 また、エンディングノートは残された方へのメッセージとして、普段面と向かって伝えられなかった感謝や愛情の気持ちを書き残すことが出来ます。そうすることで、残された家族にとって、エンディングノートは宝物のような1冊になるでしょう。

エンディングノートは残された方への配慮

エンディングノートは残された方への配慮

 先ほど書いたように、葬儀は忙しく、すぐに判断をしなければなりません。ですから、亡くなった方の死を見つめ直す時間がありません。

 もし、亡くなった後の希望があるのであれば、葬儀・お墓・相続などの項目についてきちんと書き残しておくことで、自分だけでなく、家族や周りの人を負担を減らし、介護や医療、延命治療などについても、自分の意思が伝えられなくなる前に、記入することで、家族等の手続きの迷い等がなくなります。

備忘録としてのエンディングノート

備忘録としてのエンディングノート

 年をとると、とかく物事を忘れがちです。

 銀行口座や保険、クレジットカード等の番号やIDを他人に知られないようにするため、自分もわからなくなってしまう。

 銀行口座はいくつ持っていたのか、保険はどれに入っていたのか(もう払込が終わっていると忘れがちで、特に生命保険は請求しなくては支払いがないため注意が必要である)、クレジットカードもいっぱい作ったが、等整理が必要です。

 但し、銀行口座やクレジットカードの認証番号は他人に知れると大変なので注意が必要です。

エンディングノートと遺言の違い

エンディングノートと遺言の違い

 エンディングノートと遺言の違いは、エンディングノートが法的に有効性がないのに対して、遺言は法的に有効性がであるということです。

 これは大きな違いですので、そのことを知っておきましょう。

 財産に関することに関して法的に有効な形で意思を残したいのであれば、遺言書をエンディングノートと別に作成しなければなりません。遺言書は、正しく書かないと無効になる可能性がありますので、できれば行政書士などに依頼して、作成するのがお勧めです。

 ただ、法的効力がない分、エンディングノートには自由に幅広い分野で活用できるという良さがあります。

意外と難しいエンディングノート

意外と難しいエンディングノート

 エンディングノートを書き上げるのは、正直言って難しいです。このエンディングノートを書き上げた人がどれくらいいると思いますか。

 ある資料によれば、1%の人しか書き上げられていないと言われています。終末期の希望を書くのですから、書き上げてそれをが家族や周りの人に見てもらわなければ意味がありません。遺言ではないので、家族・親族等との共有が原則だと私は思っています。

 貸金庫に入れろだとか、鍵付き引き出しに入れろだとか書いている方がいらっしゃいますが、生きているうちに読んでもらわないと、希望もかなえられません。

 ですから、エンディングノートはみんなに見てもらえるように書くことが大前提だと思います。

エンディングノートを書き上げるコツ

エンディングノートを書き上げるコツ
  • 01
    全てのページに目を通す

     どういうことを書くのかを知り、自分に関係ないページ、関係あるページを分ける作業を最初にしておくこと。エンディングノートは全ての人に対して作成していますので、そのページが関係ない人もいます。今関係ないと思ったら、そこは飛ばしましょう。

  • 02
    1ページ目から書かない

     どうしても私たちは1ページ目から書こうとしてしまいがちです。そうではなく、エンディングノートは書きたいところから書きましょう。

  • 03
    一度にすべてを書く必要はありません

     一度に全て書こうとすると、挫折の要因になります。今日はここまで。また明日、でいいと思います。

     エンディングノートを書き上げる秘訣は、調べなければ書けないこと、今手元に資料がないもの、に関しては、明日以降で大丈夫と思って書くことが必要です。

     肩ひじ張らず、少しづつで結構ですので、今書けるところを書きましょう。

内容以外のコツ

内容以外のポイント(エンディングノートを書きながら以下のことも一緒に行いましょう)
  • 01
    預貯金の整理

     終活において、銀行口座が多いと、どこに口座を持ているか本人すらわからなくなっていることがあります。

     会社の給与振り込みの口座や住宅ローンの引き落とし口座、引っ越しのたびに近くの銀行等で作った生活口座等、そして銀行の統廃合で当時違う銀行だったのに今は同じ銀行でいくつ口座を持っているのかわからなくなっています。

     しばらく使っていないと、休眠口座となり、おろせなくなっている場合もあります。

     まずは、銀行口座の整理をしましょう。

     他の家族が知らない口座をなくしましょう。

  • 02
    問題の先送りは止めましょう

     問題(特定はしません)は知っているが、今は大した問題でないと思っているでしょう。

     後で大きな問題のなるのが、そういったケースです。

     先送りせず、もし大きな問題になったらと考えて取り組みましょう。

  • 03
    遺影を準備しましょう

     ここ何十年も写真を撮っていないため、葬式に使う写真がないということがあります。

     遺影という形式ばった写真でなく、一人で写っている写真を準備しましょう。

     だってあなたの葬式で使う写真ですよ。

     カッコいい写真を使いたいですよね。

エンディングノートがいざという時に役に立たないことを前提にその後の契約をいたしましょう

 先ほども書いた通り、エンディングノートには法的拘束力はありません。自身の介護や認知症、延命治療、葬儀に関して書いたとしても、法的拘束力がないので、いざという時(それぞれの場面で、家族が判断しなくてはならないとき、金銭的理由や、家族の都合で)その通りにならないことがあります。

 あなたが寝たきりや要介護状態になった時、家族や第三者があなたの代わりに金融機関に出向いてお金を引き出したり、支払いをしたりしようとしても、エンディングノートではそれを実行できません。

 そうなると、家族や第三者はそのお金を代わりに建替えなければならなくなります。

 あなたが亡くなった後、子どもが金融機関に出向いて預貯金を解約したり、不動産の相続登記をしようとしてもエンディングノートではそれを実行できません。

 この場合、遺言書か遺産分割協議書が必要となります。

 

 エンディングノートは、終活に関する自分の希望を家族に伝えるという大きな役割を果たしますが、法的には機能せず、結果的に希望が果たせない場合もあります。

 

 先ほど書いた通り、財産に関しては、遺言書が法的効力を持っていますが、遺言書は財産のことだけしか法定拘束力はありません。遺言書に「延命治療をしないように」と書いても、また、埋葬方法に関しても、法的拘束力はありません。

 

 ではどうすれば法的拘束力を持たせることが出来るのでしょうか。結論から申し上げると、それは、契約を結ぶことです。

 財産に関しては、遺言家族信託が法定拘束力持っています。

 病気や要介護状態に備えるには、財産管理委任契約です。

 認知症判断能力が失われた状態に備えるには、任意後見契約です。

 財産管理契約~任意後見契約は、一つの契約で一緒に結ぶことが一般的です。

 終末医療に備えるには、尊厳死宣言書です。ただし、これも、法的拘束力があるとは言えません。ただ、これを公正証書で書いた場合エンディングノートよりも有効だと思います。

 死後の事務を契約で委任するのが、死後事務委任契約書です。

 

 

 

 

相続と終活の相談室 オフィスなかいえ

行政書士 オフィスなかいえ

行政書士

家族信託専門士(家族信託普及協会認定)

生前整理診断士

終活トータルガイド(心託コンシェルジュ認定)

    認定番号 00007943

なかいえ   よしひろ

中家 好洋

終活全般を行っております。

その一環でエンディングノートをプレゼントしています。

連絡くださればエンディングノートを送ります。

中家 好洋(なかいえ よしひろ)

 

行政書士(千葉県行政書士会 19100033号)

家族信託専門士(家族信託普及協会認定)

生前整理診断士(生前整理普及協会認定)

終活トータルガイド(心託コンシェルジュ認定)

 

 怪我をしたお袋の見舞いに実家に帰ったところ、お袋と親父がともに認知症であることに気づいた。

 息子としてはショックで、それを期に、今は相続・遺言といった今までの行政書士がやっている業務に加えて、家族信託、生前整理、見守りサービスといった業務も始めています。

 千葉ニュータウンという街は、駅前近辺に民間の土地がほとんどなく、仕業といわれる事務所は千葉ニュータウン中央駅近くでは、今入っているCNCビルしかなく、自宅開業も考えたのですが、終活の話を自宅でできるはずもなく、喫茶店でというわけもいかないので、事務所を借りました。
 終活にはいくつもの活動があります。そういった活動を比較しながら、自分に合った終活をワンストップで探せればと思い、「相続と終活の相談 オフィスなかいえ」をスタートしました。

終活

 「終活」とは、「人生の終わりに向けた活動」の略称で、自分が亡くなった後の葬儀、お墓、遺言等の準備や生前整理などを行うことを指します。

 「終活」は、自分の意思で自分が亡くなった後どうするかを決定する行為です。それがなければ、残された家族が思い思いに行動します。あなたの意思とは関係なく。

 

茨城県の終活について詳しくはこちらを ←クリックしてください

エンディングノート

 エンディングノートとは、人生の終末期に迎える死に自分の希望を書き留めておくノートで、ご自身に万が一のことが起こりなってしまった場合にや、重い病気にかかり意思疎通が困難になった時に、希望する対処法を記載しておくノートのことです。

 

茨城県のエンディングノートについて詳しくはこちらを ←クリックしてください

生前整理

 生前整理とは、生きることを前提にして、思い出の品の片付け、写真や情報の整理を行う行動です。つまり、心の整理を行うことです。

 決して単なる荷物整理ではありません。

 

茨城県の生前整理について詳しくはこちらを ←クリックしてください

遺言

 財産に関する終活が遺言です。

 遺言に関しては、多くの方が慎重になりすぎています。

 それは、我々が今まで公正証書遺言を勧めていたからです。

 しかし、相続法改正により、自筆証書遺言が非常に書きやすくなりました。

 遺言は時代によって財産も家庭環境も違ってきます。それらが違ってきたら書き方も異なります。

 遺言を一回書いたからといって放って置かずに、財産内容、家族構成等が変われば、その都度遺言を書き直しましょう。

 まずは、遺言を書きましょう。

 

茨城県の遺言について詳しくはこちらを ←クリックしてください

家族信託

 家族信託は、認知症等になってしまったことで、実際は本人の財産はあるにもかかわらず、銀行口座が凍結されたり、不動産が凍結状態で、建替えや売却が出来ないといったことを防ぐことが出来る方法です。
 家族信託は、まだ始まったばかりの財産管理の方法です。

 そういう手続きを、我々家族信託専門士は行っています。

 

茨城県の家族信託について詳しくはこちらを ←クリックしてください

親なきあと問題

 障がいを持つ子の親なきあと問題

 ・・・問題 とあるように、非常に解決が出来ないとされていた事柄でした。

 でも、家族信託の手法でできることがあります。

 

茨城県の親なきあと問題について詳しくはこちらを ←クリックしてください

死後事務委任

 あなたはご自分が亡くなった後、残された家族があなたのことについて、どういう作業をされるとお思いですか。

 自分の死が原因で、遺されたご家族の苦労を、できれば今のうちに誰かに委託できれば、委託したほうがいいと思いませんか。

 これが、事後事務委任です。

 生きているうちに、ご自分の死後必要な手続きを契約で依頼するのです。

 そうすることによって、あなたはご自分の死を原因とする手続きから解放された遺されたご家族が、本当にあなたの死と向かい合ってくれるのではないでしょうか。

 

茨城県の死後事務委任について詳しくはこちらを ←クリックしてください

任意後見契約

 後見制度には、法定後見と任意後見制度がありますが、終活という意味で考えるのであれば、法定後見制度は関係ありません。法定後見制度は、終活という積極的な方でなく、何もせず、認知症等になってしまった場合につける制度だからです。

 この制度の趣旨は、本人の意思を尊重・自己決定の尊重です。

 ポイントとして、

①判断能力が十分なときに、将来判断能力が低下した時のために備える契約。

②本人が自分で、将来後見人になる人を選ぶ。

③将来代理してもらう内容も自由に決めることが出来る。

④必ず公正証書によって作成しなければならない。・

⑤判断能力が低下せずに委任者が亡くなった場合、この契約は使わないことになる。

 

茨城県の任意後見契約について詳しくはこちらを ←クリックしてください

見守りサービス

 老人の一人暮らしは、本人にとっても、家族にとっても心配です。本人にとっては、自分が体調不良になった時に誰かが気が付いてくれるのか心配ですし、家族にとっては、親が体調不良になった時にどうやって気付けるのか心配です。

 やはり、定期的(毎日)な見守りサービスがあればと思います。でも、元気なうちに見守りサービスを始めるのはどうもと思ってしまいます。

 しかし、このような健康については、いつ体調が急変するかわかりません。おひとりさまになったら、見守りサービスを始めましょう。

 

茨城県の見守りサービスについて詳しくはこちらを ←クリックしてください

エンディングノートの対応エリア

エンディングノート対応エリア:(茨城県全て)水戸市,日立市,土浦市,古川市,石岡市,結城市,竜ケ崎市,下妻市,常総市,常陸太田市,高萩市,北茨城市,笠間市,取手市,牛久市,つくば市,ひたちなか市,鹿嶋市,潮来市,守谷市,常陸大宮市,那珂市,筑西市,坂東市,稲敷市,かすみがうら市,桜川市,神栖市,行方市,鉾田市,つくばみらい市,小美玉市,茨城町,大洗町,城里町,東海村,大子町,美浦村,阿見町,河内町,八千代町,五霞町,境町,利根町

ACCESS

北総線沿線にある 相続と終活の相談室 オフィスなかいえ は千葉ニュータウン中央駅から徒歩6分です

北総線沿線にある 相続と終活の相談室 オフィスなかいえ は、北総線「千葉ニュータウン中央駅」から徒歩6分の場所で営業しており、駅からのアクセスが良く利用しやすいとご好評いただいております。駅に近い相続と終活の相談室をお探しの方は、気軽にお問い合わせください。
相続と終活の相談室 オフィスなかいえ写真
行政書士 オフィスなかいえ 相続と終活の相談室 オフィスなかいえ
住所 千葉県印西市中央北一丁目3番地3 CNCビル1階
電話番号 0120-47-3307
FAX番号 0476-37-4188
メールアドレス office@yyynakaie.com
営業時間 平日 09:30~18:00
     土曜 09:30~15:00
(事前連絡により時間外対応可)
定休日 日曜日 祝日
(事前連絡により対応可)
駐車場 お客様駐車場有り
最寄駅 北総線 千葉ニュータウン中央駅より徒歩6分
車椅子対応 駐車場から建物へは大きな段差なく、当事務所は1階のため車椅子可

エンディングノートのことなら、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

その他の項目に☑を入れ、エンディングノートと書いてください