尊厳死宣言
延命治療をしないようにするためには医師2名の同意が必要。
そのためには『尊厳死宣言公正証書』を作成することです。
現在の日本では尊厳死の法律は整備されておらず、本人や家族が延命治療をやめてほしいと医師に頼んでも、刑事・民事責任を問われる恐れがあるので、延命治療を取りやめる医師はいないのが現状です。
そのため、『尊厳死宣言公正証書』を事前に準備しておいて、医師にそれを表明しておくのです。

尊厳死宣言公正証書

 

尊厳死と安楽死の違い

 人にはそれぞれ、理想の逝き方というものがあります。そこで話題となるのが、尊厳死や安楽死です。似た意味で使われることが多いこの2つの言葉ですが、尊厳死と安楽死の違いについて説明します。

 

 まず安楽死とは、もはや回復の見込みを望めなくなった場合に、怪我や病気の苦痛から解放されるため、安らかな死を選ぶことを言います。

 この時、死を早めるために、人為的に医療的な措置を行うこともあります。

 

 それに対して尊厳死とは、人としての尊厳を保ったまま迎える死のことを言います。延命治療をしない、自然な人の死を指す言葉でもあります。より広義には、死の瞬間だけでなく、人生を終える選択をしてから、その後の人生を自分らしく生きていくという過程も含みます。

 

 尊厳死と安楽死は似てはいますが、必ずしも同じではありません。いずれも寿命をのばすための延命治療を放棄するという点では同じですが、尊厳死はあくまで自然に尽きる寿命を変えずに、残りの人生を自分らしく生きる選択です。それに対し安楽死は、残りの寿命を直接縮めるという選択となります。

何故、終活に『尊厳死宣言』が必要なのか

 癌などで、治療が苦しく、延命治療を望まない人は多いはず。また、交通事故などで回復の見込みがない末期状態(脳死状態)になった場合も、単なる生命維持のためだけの治療を差し控えてほしいと思っている人もいることでしょう。しかしながら、そのときに本人が何の準備もしてなければ、その希望はかなえられません。その準備が『尊厳死宣言公正証書』です。

 尊厳死は、病気や事故などで回復も込みのない状態になった患者に対して、生命維持治療を中止して、人間としての尊厳を保たせつつ死を迎えることです。

 その尊厳を保つために、本人がまだ元気なうちに、自分の意思で、尊厳死を望む旨を医療関係者(医師・看護師)や家族に伝える書面が『尊厳死宣言公正証書』です。

 

 延命治療というのは、一般に回復の見込みがなく、死期が迫っている終末期の患者に、人工呼吸器や心肺蘇生装置を付けたり、点滴で栄養補助をしたりして「生命を維持するだけ」の医療行為を言います。

 ただ、この医療行為はどこまでが救命治療で、どこから延命治療なのかは判断が難しく、それだけに「医師の判断」もわかれるところです。

 

 私の父が昨年亡くなりました。当初は腰椎の圧迫骨折で入院したのですが、入院当初から父は病院の食事に手を付けず、そのため点滴で栄養補助を行っていたのですが、その後も一向に食事をとることなく、点滴は針を打つところがない状態になりました。病院からは、胃ろうも提案されたのですが、さすがにこの胃ろうは延命治療ですので断りましたが、その後点滴を6か月続けて父は亡くなりました。この点滴に関してどこまでが救命治療で、どこから延命治療だったのか判断が難しかったと思います。しかし、父が事前に『尊厳死宣言公正証書』を書いていれば、医師の別の判断がされていたかもしれません。

 

 尊厳死の問題点は、法律的な問題です。日本では法律的には尊厳死を認めていないため、周到な手続きを踏んでも医師が訴えられる可能性をゼロにすることができません。

 2014年に、日本緊急医学会や全日本病院協会が、より具体的な指針を作成し、具体的に中止できる延命治療を提案しました。「胃ろうの中止」「心静脈栄養法など点滴の停止」「人工透析の中止」「人工呼吸器を外す」「抗がん剤の投与中止」の5つです。この範囲において、医療現場では尊厳死が事実上容認された状態となっています。

 しかし、それを担保する法律はないため、医師が殺人罪等で訴えられるリスクはゼロではありません。言わばグレーゾーンとなっています。

 

 

『尊厳死宣言公正証書』と日本尊厳死協会の「リビング・ウィル」

 『尊厳死宣言公正証書』と似たものに日本尊厳死協会の「リビング・ウィル」があります。

 この二つを比較してみましょう。

① 文書作成方法ですが、『尊厳死宣言公正証書』は宣言者が公証人と面談して、本人確認を行ったうえで、内容に間違いがないかを確認していますが、日本尊厳死協会の「リビング・ウィル」は予め決められた文章を送り、それにサインする方法ですが、本人確認はなく、文書の自分にあった内容への変更もありません。

② 『尊厳死宣言公正証書』では、医師や家族に対する訴追しないようお願いする項目がありますが、日本尊厳死協会の「リビング・ウィル」はそれがありません。しかし、『尊厳死宣言公正証書』に訴追しないような項目があるといっても、法的に有効というわけではありません。しかし、それだけでも、医師や家族にとって判断しやすくなるのではないでしょうか。

③ どちらも最初に医師に見せるのですが、緊急で病院に運ばれた時、それはできません。しかし、日本尊厳死協会の「リビング・ウィル」は携帯用のカードがあり、財布に挟むことが出来ます。それを医療施設側が見ることが出来るでしょう。

 『尊厳死宣言公正証書』ではそういったものはありません。それで、私は自動車運転免許証の裏側と保険証の裏側にネームランンドで「尊厳死宣言公正証書 ○○公正役場第○○号」と印時して貼り付けました。これで、緊急で病院に運ばれても、財布を見ていただければわかると思います。

 

 以上を比較・検討した結果、『尊厳死宣言公正証書』が優れているという結論に達しました。 

 

 公正証書は公正役場にひな形がありますので、直接公正役場にお電話していただいて結構ですが、日本公証人連合会で作った(証書の作成と文例)ひな形は、若干文章が足らない気がしますので、私の尊厳死宣言公正証書を下記に添付しておきます。

ACCESS

北総線沿線にある 相続と終活の相談室 オフィスなかいえ は千葉ニュータウン中央駅から徒歩6分です

北総線沿線にある 相続と終活の相談室 オフィスなかいえ は、北総線「千葉ニュータウン中央駅」から徒歩6分の場所で営業しており、駅からのアクセスが良く利用しやすいとご好評いただいております。駅に近い相続と終活の相談室をお探しの方は、気軽にお問い合わせください。
相続と終活の相談室 オフィスなかいえ写真
行政書士 オフィスなかいえ 相続と終活の相談室 オフィスなかいえ
住所 千葉県印西市中央北一丁目3番地3 CNCビル1階
電話番号 0120-47-3307
FAX番号 0476-37-4188
メールアドレス office@yyynakaie.com
営業時間 平日 09:30~18:00
     土曜 09:30~15:00
(事前連絡により時間外対応可)
定休日 日曜日 祝日
(事前連絡により対応可)
駐車場 お客様駐車場有り
最寄駅 北総線 千葉ニュータウン中央駅より徒歩6分
車椅子対応 駐車場から建物へは大きな段差なく、当事務所は1階のため車椅子可

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。