千葉において終活を考えていらっしゃるのであれば、
相続と終活の相談室 オフィスなかいえ へ
相続と家族信託を主な業務としています
相続と終活の相談室 オフィスなかいえ
(運営:行政書士 オフィスなかいえ)

終活の相談はどこにすればいいのでしょう。

それは、終活を専門にやっている千葉の行政書士にお願いするのが一番です。

終活といっても、遺言、家族信託、死後事務委任契約、任意後見、見守りサービス、身元保証、生前整理、等々生きているうちに取り組むべき行為は数多くあります。

これらすべてができないと、どれを勧めたらよいのか、わかりません。

これら終活の全てを業務の中心としている事務所が、千葉の 相続と終活の相談室 オフィスなかいえ です。

中家 好洋(なかいえ よしひろ)

 

行政書士(千葉県行政書士会 19100033号)

家族信託専門士(家族信託普及協会認定)

生前整理診断士(生前整理普及協会認定)

終活トータルガイド(心託コンシェルジュ認定)

 

 ある年の9月に怪我をしたお袋の見舞いに実家に帰ったところ、お袋と親父がともに認知症であることに気づいた。

 息子としてはショックで、相続・遺言といった今までの行政書士がやっている業務に加えて、家族信託、生前整理、見守りサービスといった業務も始めています。

 千葉ニュータウンという街は、駅前近辺に民間の土地がほとんどなく、仕業といわれる事務所は千葉ニュータウン中央駅近くでは、今入っているCNCビルしかなく、自宅開業も考えたのですが、終活の話を自宅でできるはずもなく、喫茶店でというわけもいかないので、事務所を借りました。
 

家族信託

 家族信託は、認知症等になってしまったことで、実際は本人の財産はあるにもかかわらず、銀行口座が凍結されたり、不動産が凍結状態で、建替えや売却が出来ないといったことを防ぐことが出来る方法です。
 そして、財産を残したい人に残せるよう考え、行動しましょう。私たち家族信託専門士はそういったアドバイスをしていきます。

 家族信託は、まだ始まったばかりの財産管理の方法です。公正役場に行っても、経験のない公証人がほとんどです。

 そういう手続きを、我々家族信託専門士は行っています。

家族信託について詳しくはこちらを

相続

 相続に関することは、一生に一度か二度しかない手続きです。
 ところがこの相続の手続きは、非常に面倒で手間のかかる手続きです。そうこうするうちに、日が経ってしまいます。相続は、日が経つと相続人の争いも起こりやすくなります。そういうトラブルにならないように、スムーズな手続をいたしましょう。

 初回は、相談料無料ですのでお気軽にご相談下さい。

 相続に関しては、我々専門家でも慎重に慎重を重ねた手続きをしています。 

相続について詳しくはこちらを

終活

 「終活」とは、「人生の終わりに向けた活動」の略称で、自分が亡くなった後の葬儀、お墓、遺言等の準備や生前整理などを行うことを指します。

 「終活」は、自分の意思で自分が亡くなった後どうするかを決定する行為です。それがなければ、残された家族が思い思いに行動します。

終活について詳しくはこちらを